高木ブー先生(本講座専任講師)プロフィール ウクレレの高木ブー

▼▼無料の資料請求はこちら▼▼
★高木ブー先生の指導で楽しくウクレレをマスター >>> ウクレレ講座

高木ブー先生(本講座専任講師)プロフィール

本名、高木 友之助(たかぎ とものすけ)。

学生時代から本格的に音楽活動を開始してハワイアンバンドを結成し、卒業と同時にプロに転向。

64年、ザ・ドリフターズに加入。66年に日本武道館でビートルズの前座を努め「のっぽのサリー」を演奏した。バラエティ、ドラマ、舞台、コンサートなどで幅広く活躍、ウクレレ演奏によるCDもリリースしている。

現在は「高木ブーとニュー・ハロナ」を結成し、ライブ活動を行っている。

最近になってウクレレ奏者としての人々に知られてきましたが、中央大学に在籍していた頃からハワイアンミュージックではすぐれた技量を持ち、ユニットを結成した程の腕前を持っていました。東京ガスの採用内定を蹴って芸能界入りしました。

「高木ブー」という名前は、「クレージー・キャッツ」のリーダー「ハナ肇」が、「お前は太っているからブーでいいや」という一言で、本名の「高木」に「ブー」を組み合わせて付けられたといわれています。

1984年9月14日、『全員集合』のリハーサル中に両足のアキレス腱を断裂し、約4ヵ月の間活動を離脱したこともあります。。

ウクレレ奏者としての活動も盛んで、CDアルバム『レット・イット・ブー』をはじめ、数々のCDをリリース発表しています。
▼▼無料の資料請求はこちら▼▼
★高木ブー先生の指導で楽しくウクレレをマスター >>> ウクレレ講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。